ブログ

2014.06.07

学会探訪記 その1

日本抗加齢医学会

今週末の6月6日(金)から8日(日)まで、第14回日本抗加齢医学会

総会が開催されています。ということで、本日は学会探訪記としたいと

思います。ポーリング先生の健康法の続きはまた近いうちに、、、、

書きたいと思います。

今回で14回目となる学会は、大会会長が大阪大学の臨床遺伝子

治療学教授の森下竜一先生で、大阪国際会議場で開催されます。

私は、本日土曜日と明日の日曜日参加予定です。

今年はクリニックを開業したばかりで、残念ながら発表できる程の

データ蓄積がありませんでした。来年こそは是非演題を発表したいと

思います。

昨日は、高知時代の同僚の御川先生が学会会場で、やはり一人で

参加していた副院長とであい、クリニックを表敬訪問してくれました。

ありがとうlございます。

ナチュラルホルモン補充療法

今回の学会は、私としてはホルモン補充療法に焦点を当てて

情報収集しようかと考えています。

人は血管とともに老いると言われていますが、動脈硬化で血流量が

低下するためにホルモン分泌機能が低下するのか、

酸化ストレスや化学物質、有害ミネラルなどの影響により分泌が

低下するのか、その理由は様々でしょうが、とにかく、加齢とともに

ホルモンの分泌量は低下します。 

ホルモン分泌低下は生理的だから仕方が無い、と放置するのでは

なく、その分泌低下による症状はホルモンを補い解決しようと、

考えます。特に、日本人寿命が短かった20世紀には、

女性の生理が終わると10〜15年程度で寿命を迎えていましたが、

現在は、生理が終了しても、まだそこからひと人生残っています。

その間に骨粗鬆症や脳梗塞などの病気にならないような準備が、

中年期から必要になるのです。

また、30〜40才の若い人でもホルモン分泌機能が悪い人に

補充療法を行います。ただ、本人は症状をホルモンの欠乏症とは

考えず、いろいろなDrを訪れては、様々な診断を受けるのです。

甲状腺ホルモンの様にFT4 FT3やTSHが正常範囲であれば

普通の内科医は正常ですと判断しますが、

rT3が上昇していたり、TSHが正常範囲高値の場合には

補充を考慮した方が良い場合もあります。

そんな情報を仕入れて、皆さんに御知らせできればと思います。

では、また

明日。

                           foot院長 拝

2014.06.05

梅雨入り

とうとう昨日から梅雨に入りましたね
この先 約1ヶ月半ジメジメした日が続くんですね

これはご近所の玄関前の紫陽花です
こんな奇麗な紫陽花を見られるのだから
梅雨も悪くないかも・・・と思いましょう
   

私の育った北海道は梅雨が無く
今頃は暑からず寒からず,とっても快適です

札幌の大通公園のトウモロコシ売りの
屋台が出始めるのもこの時期だったはず
機会があったら皆さんも
北海道へ行ってくださいね

梅雨入りを迎えた昨日から
娘は二泊三日で蒜山高原に合宿に行ってます
キャンプファイヤーの係になり,色々準備してたけど
今夜出来るのかしら???

予定では昨日はジンギスカンを食べ
今日は牛の搾乳体験とアイスクリーム作り
明日は飯ごう炊さんでカレー作りと
なんだか食べる事ばっかりです

出発前に「キャンプファイヤーの時の歌って何がいい?」
と聞かれ,「燃えろ,燃えろあ〜かい火
を教えたら「めちゃめちゃ昭和じゃん」と
テンション下げられてしまいました.

どーせ,私は昭和37年生まれだよー

あーついに,年齢カミングアウトです

ほうれい線の治療のBlogに年齢が載ってないよー
年齢を公表して,と言われてましたが
なかなか勇気がなくて・・・

今日のこのBlogは多くの人が
スルーしてくれる事を願ってます

 

2014.06.02

衣替え

昨日は暑かったですね.

先週から真夏のような暑さなのに
子どもの学校は,夏服への移行期間が無く
昨日が衣替えでした.
ブラウスの袖をまくり上げていたものの
やっぱり半袖は快適らしく,スカートの生地も
薄くなり,
「あー,スッキリした〜」と嬉しそうでした.

何故後ろ姿かというと
最近,顔出しを嫌がるお年頃になりまして.

   

私達の時代からは想像もつきませんが
もう少しすると,通学時にも日傘を差すんですよ.
中学生がですよ〜
最初,驚きましたが,
そんな子がいっぱい いました.

若いお嬢様方が今からしっかり紫外線対策する事は
いいことですが,
あまりにも紫外線をカットしては,ビタミンDが不足し
将来,骨粗鬆症になる可能性も・・・・
何事も適度が大事です

2014.06.01

男性の皆さんへ

こんばんは
6月初日の今日も暑かったですね

さてさて
以前にお約束しましたが、
今月は父の日がありますね。
そこで、男性の皆さん方へ
お得な企画をご用意いたしました

男性の皆さん!!

お酒を飲む機会が多い・たばこをたくさん吸う
ストレスが多い・よく運動をする
男だってシミが気になるんだー
これらに当てはまる方には
ビタミンC点滴がお勧めです

また、
ビタミンB・ビタミンCや、マグネシウム、
カリウム、グルタチオンを含むマイヤーズカクテル
慢性疲労・倦怠感・偏頭痛・肩こり
アレルギー性鼻炎・気管支喘息等
幅広い疾患や体調不良に効果がみられます。

この機会に点滴受けてみようかなーと思った方、
お昼休み時間帯でも対応可能日もありますので
お問い合わせ下さい。

点滴で元気になって、
隣の席のくたびれた同僚に差をつけ、
女子社員にモテモテになるかも・・・

キャンペーン価格
 ビタミンC20g      ¥5000→¥4500
 マイヤーズカクテル  ¥8000→¥7000

    (なお初診の方は 別途初診料¥3000がかかります)

2014.05.31

お弁当

こんにちは

ここのところ暑い日が続いていますね.

暑くなると食欲も落ち,サッパリとした物が食べたいし,
食事の支度も面倒だし(主婦の皆さんは解って頂けますよね)
そうなるとどうしても,冷た〜い麺類の回数が
どんどん増えてくるんですよね〜.
そうめん・お蕎・冷やし中華・韓国冷麺もいいですね〜.

家での食事や昼食に外食できる大人はツルツルっと麺類で
済ませられますが,
問題は子どものお弁当ですよ.

親は食欲が落ちても子どもはそんな事はないし,
これからは食中毒にも注意しなくちゃいけないし,
うちの娘の通う学校は食堂がないし,
も〜本当に毎日悩みます.

ちなみに下が昨日のお弁当で,
茹でアスパラ(疲労回復にいいアスパラギン酸が多い)
パプリカ(紫外線から肌を守るカプサンチンを含む)のピクルス
お酢を使ってるので,殺菌効果も期待しつつ・・・
発芽玄米を混ぜたご飯
これは,ミネラルや食物繊維も多く,そしゃく回数が増えるので
満腹感が得られやすく,食べ過ぎを防ぎます
他は子どもの好きなハンバーグ等です
    

この日は入れてませんでしたが
冷凍枝豆,蒟蒻ゼリーを凍らせて
保冷剤替わりに入れたりもします
(もちろん保冷剤も持たせますので,Wで食中毒予防です)

こちらは別の日「お弁当用もずく酢」が入ったお弁当
   


      これがもずく酢

今は便利な物が沢山ありますね.
皆さんのお気に入りや,いいアイディアがあったら
ぜひ,教えてください

2014.05.29

ポーリング先生の健康法 その1

ライナス ポーリング(Linus Pauling) 先生

ライナス・ポーリング先生をご存知ですか。

その晩年に分子生物学の研究をすすめ、

今日我々がその成果を享受している、

分子整合栄養医学という医学栄養学の考え方

を確立された方です。

1901年、アメリカのオレゴン州ポートランドで生まれで、

薬剤師のお父さんが早くになくなり、家の生計を助けながら

勉強して、オレゴン農業大学(現オレゴン州立大学)を卒業し

その後カリフォルニア工科大学で博士号を授与されています。

1993年の93才までご存命でしたので、御縁のあった方も

いらっしゃると思いますが、残念ながら私にはお会いする

機会はありませんでした。

因に私事ですが、1993年という年は、卒後3年半の市中病院の

研修を終え、10年暮らした弘前から故郷札幌にもどり

札幌医科大学救急集中治療部に入局し,本格的な救命救急医

としての道を歩み始めたばかりのころでした。

その頃のわたしは、家に帰る事はほとんどなく、まさに

医学の奴隷状態でした(笑)??

ポーリング先生は本当に偉大な先生ですが、

中にはそんな人知らんという方もいるかと思いますので、

老婆心ながら少し解説すると、何よりも特筆すべきは、

量子物理学から化学結合論を展開し、1954年ノーベル化学賞を

受賞、さらに科学者の立場から原水爆反対の平和運動を展開し、

1962年2度目のノーベル賞となる平和賞を受賞された

ことでしょう。翌年、ケネディ大統領が凶弾に倒れ世界を

驚かせますが、ポーリング先生のその後の運命も少なからず

影響を受けいてます。

また、1952年アメリカ合衆国が博士のロンドン行きのパスポートを

発行しなかったのですが、もしこの時パスポートが発行されて

いたなら、DNAの立体構造の研究で、医学生理学賞も

受賞していたかもしれないというエピソードさえあります。

まさに科学における ” Giants のなかのGiant “ なのであります。 

そんな先生が、著書の中で12項目にわたる健康法を語っています。

特に、ビタミンやミネラルの取り方については、

細かく摂取量を記載しています。

ですから、皆さんにもその一部をご紹介したいと思います、

が、本日は長くなりましたので、

明日以後のお楽しみ とさせて頂こうと思います。

では 

後ほど。

みなさん、

おやすみなさい。

                 foot院長 拝

2014.05.29

アンチエイジングで身体の中から若返りを

アンチエイジングは、身体の中からきれいにすることで、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクを減らし、健康長寿を目指す、究極の予防医学と言われています。

当院で行っているアンチエイジング治療のひとつが、100ミリリットルの採血を行い、医療用オゾンで酸化処理し、体内に戻す血液クレンジングです。
これにより、血液がサラサラになり、肩こりや冷え性など体調不良の改善が期待できます。

また、点滴治療も行っております。
これは、血管にミネラルや金属と結合する性質を持つキレート剤を入れて行う治療法で、動脈に沈着したカルシウムを除去し、体内から有害物質や老廃物を取り除くことで、血管の若返りや体質改善を実現します。

大阪府全域にお住まいの方で、アンチエイジング治療をお考えの方は、ぜひ一度当院へご相談ください。

2014.05.29

動脈硬化に効果的な治療は当院にお任せ下さい

キレーション治療って??

当院はキレーション治療をメインにした抗加齢クリニックです。

キレーション治療とは、金属と結合しやすい性質のキレート剤を用いて、脳や肝臓などの体内に潜む有害ミネラルや、動脈壁へ異所性に沈着したカルシウムの排泄を促す、画期的な治療法として近年注目されています。

アメリカの大規模研究

2013年6月には、30億円の巨費と10年の歳月を投じた、アメリカの大規模研究が成功裏に終わり、心筋梗塞患者の心血管イベントの再発生を予防するという素晴らしい結果が発表されました。

キレーション治療は、有害ミネラルを除去する事で活性酸素の発生を抑えて細胞老化を防いだり、血管壁のカルシウムを除去して動脈硬化の改善、脳梗塞・心筋梗塞などの治療に有効であり、日本でも少しずつ普及されつつあります。

脳梗塞や心筋梗塞ばかりでなく、従来の保険診療クリニックと異なるアプローチで、アレルギー、がんなどの疾患も診療します。血液クレンジング、ナチュラルホルモン療法や分子整合栄養学など、様々なアンチエイジング治療を併用しながら、みな様の様々なお悩みに御答えします。
院長 拝

2014.05.28

血液クレンジング療法で病気になりにくい身体に

最近、ドロドロの血液をサラサラにする食品やサプリメントがテレビなどで取り上げられるようになっています。
ドロドロ血液は動脈硬化を引き起こし、命に関わる恐ろしい病気に繋がるので、普段からサラサラ血液になるよう心掛けておく必要があります。

そのドロドロ血液を浄化するため、採血して医療用オゾンで酸化処理し、再び体内に戻すという方法があります。
これが、血液オゾン療法または血液クレンジング療法と呼ばれるものです。
この療法は、肩こり、頭痛、冷え症を改善し、心筋梗塞や脳梗塞といった病気のリスクを低減することができます。
免疫力、新陳代謝を活発化させるため、アンチエイジングの効果も期待できます。

当クリニックには、大阪府全域から多くの方が来院しています。
血液オゾン療法で病気になりにくい身体を作りませんか。

2014.05.28

アンチエイジングにご興味をお持ちの方へ

若く!!、美しく!!

大阪府全域にお住まいの方から多数ご来院いただいている当クリニックは、若く、美しく、健康的な明日へをモットーに、皆様の美と健康をサポートしているクリニックです。

アンチエイジングや若返りに興味をお持ちの方はいらっしゃいませんか。

当クリニックでは、キレーション治療や血液オゾン療法で、からだとみためとこころのアンチエイジングに取り組んでいます。

男性の方にも・・・

また、若さや美しさは、女性だけのもではありません。当院は男性の若さ、美しさのご要望にも御答えしています。

さらに、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞といった生活習慣病に、花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギー疾患、自己免疫疾患やガンに対しても、統合医療で体質改善を図っています。

気になる症状をお持ちの方は、ぜひ当クリニックへご相談ください。
様々なお悩みにしっかりとお答えいたします。

院長 拝

1 2 3 4 5 6 7 8 9
06-6454-4871 WEBカウンセリング
一番上に戻る