ブログ

2014.07.04

葡萄

こんにちはです。

今日の大阪は,朝は雨が降ってきそうな
どんよりとしたお天気でしたが、昼には回復してましたね
明日から晴れるといいですね。

最近気が付いたのですが、
私の通勤路に葡萄の木がありました。
それも、酒屋さんの前です。
ハウスワインでも作るのでしょうか?
まさかね〜

酒屋さんの前で実ってる葡萄
焼き鳥屋さんで飼っている鳥、
ん〜、どっちも行方が気になりますねthink

さて、雑談はこのくらいにし、
葡萄について語ってみようと思います。

ヨーロッパでは葡萄を「畑のミルク」と呼ぶこともあるように、
葡萄には体内に入ると直ぐにエネルギーになる
果糖とブドウ糖が多く含まれています。

また、ビタミンA・B1・B2・Cの他、
鉄・銅・亜鉛・カリウム・リン等も含まれており、
疲労回復効果も高く、貧血予防効果もあるため
産前産後の妊婦さんにも適した食品と言われています

また、葡萄に含まれる抗酸化物質のポリフェノールは
老化防止や発がん物質を抑制する効果もあります。

中でも、レスベラトロールは新陳代謝を活発にし、
肌を若々しく保つ効果もあります とりわけ、
あなたの長寿遺伝子のスイッチを
オン
にしてくれます。

最近の研究では葡萄の種にだけあるという
OPC(オリゴメリックプロアンソシアニジン)が
脳の機能を高め、アルツハイマーや痴呆を予防したり、
動脈硬化を防ぐ効果もある事が解りました。
その効果はお茶カテキンの5倍、ビタミンCの20倍もあるそうです。

本当は、種も皮もジュースにでもして摂るのが
一番いいのでしょうが、さすがに種は厳しいですよね

では、効率よく摂るにはどうするのか?

そうなんです、ワインがいいんですよ〜
ワインのアルコール分がポリフェノールの吸収効率を高めてくれます。
市販の葡萄ジュースにもポリフェノールは含みますが、
ワインに含まれるポリフェノールと同じ量をジュースで摂取するには、
ワインより沢山の量が必要なため、どうしても糖分が高くなってしまいます。

ワイン好きの皆さん嬉しい結果ですね

以前ある女優さんが「私の血はワインでできている」と
言ってましたが、飲み過ぎはだめですよ。
前回のブログも読み、必ず休肝日を取って下さい。

では、ワインで良い週末を、CinCin

06-6454-4871 WEBカウンセリング お問い合わせ
一番上に戻る