ブログ

2014.05.20

動脈硬化の状態把握と治療 〜キレーション治療〜

米国NIHによって安全性と有効性が証明された治療法

キレーション治療は冠動脈疾患を持つ人への
心筋梗塞の再発を抑制しました(TACT study)

 40歳を超える頃から動脈硬化と診断される方が増えてきます.

30歳代でも人によっては動脈壁に変化が現れる事があります.

動脈硬化は,生活習慣によって,血管に酸化コレステロール

カルシウムが蓄積,血液の流れが悪くなる病気です.

放っておくと、脳卒中や心筋梗塞などの重篤な病気にもなりかね

ません.

 自覚症状もほとんどありません.しかも動脈硬化の最終状態,

すなわち脳梗塞や心筋梗塞,ひとによっては下肢動脈閉塞や

腎不全などの,取り返しのつかない状態になって,

はじめて自分は動脈硬化である事に気づき,愕然とするのです.

 また,検査によって動脈硬化の診断はできても,治療は

簡単ではありません.これまでの一般的な常識では,

一度硬化した血管はなかなか簡単には柔らかくする事は

できません.ですから,生活習慣を見直し少しでも進行を

食い止める事が必要なのです.

CAVI,LOXindexとキレーション治療

 当クリニックでは,CAVIという検査によって動脈のかたさや

詰まりの程度血管年齢を測定しています.

画期的なのは,ロックスインデックス(LOXindex)という

血液検査で,5年から10年先の脳梗塞・心筋梗塞の発生リスク

予測する事ができるのです.

 そして,そして,当クリニックでは点滴により,固くなった

動脈血管を,若くしなやかな血管にもどす治療を行います.

キレーション治療と云います.(すごい!!)

キレート剤を点滴することで,動脈の壁に溜まったカルシウムを

除去し,しかもホルモンの作用でカルシウムを骨へと移動させる

ことができます.

 これにより高血圧のお薬を服用している方は,お薬が不要に

なる方もいます.酸化コレステロールが多い方にはオゾン治療

(血液クレンジング)による抗酸化療法を併用したり,

場合によってはホルモン療法を併用して,より効果的に,

改善する事が出来るでしょう.

 当クリニックには,動脈硬化治療のために,脳梗塞や

心筋梗塞の予防・治療のために,大阪府ばかりでなく,

遠くは岡山や名古屋などからも患者さまが来院されています。

生活習慣を改善するためのアドバイスも行っていますので,

脳梗塞・心筋梗塞がご心配な方は.一度検査してみては

いかがでしょうか.

院長 拝

06-6454-4871 WEBカウンセリング お問い合わせ
一番上に戻る