ブログ

2014.09.03

低血糖症の原因と治療

みなさま,いかがお過ごしですか.
さて

当院は、
大阪府全域で動脈硬化予防やアンチエイジング治療に
取り組んでいるクリニックです。

低血糖症は、血糖とインスリン分泌のコントロールが
上手くいかず または インスリン感受性が低下して
高血糖と低血糖をいったりきたりするような
血糖値が乱高下する症候です。
機能性低血糖症とも云われます.

現代は、精製された糖がたっぷり使われたお菓子や
清涼飲料水の取りすぎにより
すぐに血糖値があがり,
そしてインスリンの過剰分泌により
低血糖症になるようです.

症状としては、
食後イライラする、
よく寝ているのに昼間どうも眠い、
怒りっぽくなった、
ふわふわした感じがする などの
気分不安定などの症状が多いので、
精神疾患と間違われることもあります.
誤った診断で、治療がおこなわれてしまい 
症状がいっこうによくならないこともあります。

当院は、5時間血糖検査を用いて
インスリンと血糖の状態をみながら
患者様お一人お一人にあった治療を
適切におこなっています。

職員一同

06-6454-4871 WEBカウンセリング お問い合わせ
一番上に戻る