高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴とは

ビタミンCの効果を最大限発揮

大阪・西梅田の堂島ライフケアクリニックでは、皆様のお体の健康と美しさを内側から引き出すために、高濃度ビタミンC点滴を行っています。高濃度ビタミンC点滴とは、抗酸化作用、抗がん作用、抗ウイルス作用、抗アレルギー作用など、様々な効果が期待できるビタミンCを、点滴で体内へ直接導入する療法です。美白などの美容効果以外にも、免疫機能・抗酸化機能の向上、体質改善、がん治療など、お体の健康や病気の改善なども期待できます。

市販のサプリメントなどで、ビタミンCをお口から摂取する方法もありますが、経口摂取の場合、効率良くビタミンCが取り込めないため、血中濃度の上昇はそれほど期待できませんが、1回15~75gという高濃度のビタミンCを点滴するこちらの療法であれば、ビタミンCの効果を最大限発揮させることが可能です。

こんな方におすすめ

高濃度ビタミンC点滴とは

  • しみ・しわ・お肌のハリの低下などを改善して、美肌になりたい方
  • にきびや吹き出物が気になる方
  • エイジングケアしたい方
  • 体質を改善して、病気を予防したい方
  • 動脈硬化が心配な方
  • 風邪の症状でお困りの方
  • がんを予防したい方
  • がん治療を受けられている方

など

高濃度ビタミンC点滴の効果

エイジングケアからがん治療まで、幅広い効果が期待できます

高濃度ビタミンC点滴で期待できる効果は、しみ・しわ・お肌のハリの改善などの美肌効果のほか、にきびや吹き出物などの肌トラブルの解消、免疫機能・抗酸化機能の向上、体質改善、肩こりの改善、疲労回復、風邪の症状の改善や予防、がん治療など、幅広い効果が期待できます。
副作用はなく、たくさん摂取した場合でも、尿として体外に排出されるので、安心して受けていただけます。ただし、1回の治療でビタミンCを体内に留めておくことはできませんので、効果を持続させるためには、定期的に受ける必要があります。

がん予防・治療としての高濃度ビタミンC点滴

がん予防・治療にも効果を発揮

高濃度ビタミンC点滴は、副作用のないがん治療として注目されています。ビタミンCは酸化することで、強力な抗酸化作用を発揮しますが、この時、大量の過酸化水素(H2O2)が発生して、がん細胞を攻撃するとされています。そのため、がん予防の効果も期待できるのです。

副作用がないのが大きな特徴

効果が期待できるがんの種類も、肺がん、大腸がん、すい臓がん、腎臓がん、乳がん、前立腺がんと様々で、通常の抗がん剤と異なり、副作用がないのが大きな特徴です。がんを予防したい方、再発を予防したい方、がんに対する有効な治療方法がない方や、抗がん剤や放射線治療の副作用が強くて続けられない方などにおすすめの治療方法です。

高濃度ビタミンC点滴の時間・流れ

高濃度ビタミンC点滴の時間

通常、25gの場合で1時間程度、50gの場合で2時間程度です。患者様によって異なる場合があります。

高濃度ビタミンC点滴の流れ

1.検査

高濃度ビタミンC点滴が受けられる状態であるかどうか確認するために、血液検査などを行います。腎機能や心機能に問題があると、治療が受けられない場合がありますので、これらについても検査を実施します。

2.初回の点滴

お体が高濃度ビタミンCに慣れるように、1回目の点滴では25gを投与します。

3.2回目以降の点滴

2回目以降は、お体の状態を確認しながら投与量を調節します。2週間に1回程度のペースで、定期的に受けていただくことで、効果が持続させられるようになります。

4.がん治療の場合

がん治療として高濃度ビタミンC点滴を受けられる場合には、初回の点滴では25gを投与し、2回目以降は、お体の状態を確認しながら投与量を調節します。一般的に、まずは週2回、6ヶ月間治療を行い、6ヶ月目から12ヶ月までは週1回、それ以降は月2回程度のペースで点滴します。

費用

高濃度ビタミンC点滴

10~100g 3,000~18,000円
06-6454-4871 WEBカウンセリング お問い合わせ
一番上に戻る