各種点滴療法

点滴療法とは

経口摂取よりも効果的な点滴療法

 

点滴療法とは大阪・西梅田の堂島ライフケアクリニックでは、経口摂取よりも高い効果が期待できる、各種点滴療法を行っています。がんや動脈硬化などに効果が期待できるものや、各種疾患の予防・治療に効果的なもの、肝機能をサポートしてくれるもの、ダイエットをサポートしてくれるものなど、幅広い種類の点滴療法をご用意しています。

点滴慮法の場合、必要な有効成分を直接、静脈内に投与することができますので、経口摂取よりも高い効果が得られます。

点滴療法の主な効果

  • 血液循環の改善
  • 動脈の酸化防止
  • 重金属の解毒作用
  • 抗アレルギー作用
  • 脂肪・糖の燃焼の促進(ダイエット効果)
  • 肝機能の回復効果
  • 二日酔いの改善・予防
  • エイジングケア
  • 各種疾患の予防・治療効果
  • 風邪の予防・治療効果
  • がんの予防・治療効果

など

点滴療法の種類

キレーション点滴(動脈硬化治療)

 

点滴療法の種類動脈硬化に対する治療として行われるキレーション点滴では、「Na-EDTA」というキレート剤を投与します。通常、1回1時間半~3時間程度の点滴を、週1~2回、20~30回程度行いますが、点滴の頻度や間隔などは患者様によって異なります。

キレーション点滴により、血液循環の改善、動脈の酸化防止、有害なミネラルの排出などの効果が期待でき、動脈硬化の改善のほか、脳血管疾患や末梢血管疾患などなど、様々な病気の治療・予防に繋がるとされています。

 

マイヤーズ点滴(疾患予防・治療)

 

マイヤーズ点滴(疾患予防・治療)マイヤーズ点滴とは、ビタミンやミネラルなどを配合したものを点滴で投与することで、エイジングケアや各種病気を予防・治療する方法です。環境汚染や食生活の乱れ、過度なストレスなどにより、知らず知らずのうちお体がダメージを受けて、必要な栄養素が不足している場合があり、その結果、様々な疾患や症状を引き起こしてしまうことも。そうした不足しがちな栄養素を点滴で補給することで、お体の健康を守ります。

主に老化現象、気管支喘息、片頭痛、慢性疲労、線維筋痛症などに効果を発揮するとされています。

 

アルファリポ酸点滴

アルファリポ酸点滴に含まれる「アルファリポ酸」とは、体内の解毒酵素を活性化させる作用を持つ硫黄化学物で、ヒ素、カドミウム、水銀などの有害金属を体外へ排出する効果(キレーション作用)や、肝機能の回復効果などが期待できます。

グルタチオン点滴

グルタチオン点滴に含まれる「グルタチオン」とは、グルタミン酸、システイン、グリシンという3つのアミノ酸が連なった化合物で、これを点滴で体内に投与することで、重金属の解毒作用や、抗アレルギー作用などの効果が期待できます。抗がん剤による神経障害や、閉塞性動脈硬化症、線維筋痛症などに効果を発揮しますが、特にパーキンソン病に有効であるとされています。

L-カルニチン点滴

アミノ酸の一種である「L-カルニチン」を点滴で体内に投与することで、脂肪や糖の燃焼を促進します。そのため、ダイエットをしたい方や、肥満による糖尿病などの生活習慣病を予防したい方などにおすすめです。そのほか、筋肉疲労の軽減や、美肌効果なども期待できます。

L-カルニチンは体内でも作り出すことができますが、20代をピークに減少してしまうため、点滴で効果的に補給することが重要となります。

肝臓サポート点滴

肝臓サポート点滴では、肝臓の炎症を抑え、肝機能を改善させる作用がある「グリチルリチン」や、肝臓の代謝を良くする「アミノ酸」などを配合したものを投与します。これらを点滴で体内に取り込むことで、二日酔いの改善や予防をはかることができるようになります。

ダイエットサポート点滴

ダイエットサポート点滴ダイエットサポート点滴では、脂肪や糖の燃焼を促進する「L-カルニチン」や、新陳代謝を促進する「アルファリポ酸」などを配合したものを投与します。「何度ダイエットにチャレンジしても、失敗してしまう」「肥満気味なので、生活習慣病にならないか心配」という方のダイエットを、効果的にサポートします。

風邪栄養点滴

体が必要としている栄養素を、点滴で直接体内に投与することで、風邪の症状を改善させます。「風邪を引いているが、仕事が休めない」「早く風邪を治したい」という方などにおすすめです。そのほか、慢性的な疲労感の改善にも効果を発揮します。

がん栄養点滴

がんの治療に有効な栄養素を、点滴で直接体内に投与することで、がん治療をサポートします。がんの再発を予防したい方や、抗がん剤や放射線治療だけでなく、色々な治療方法を試してみたい方などにおすすめです。

06-6454-4871 WEBカウンセリング お問い合わせ
一番上に戻る