ブログ

2016.02.05

葉酸(Folate)が片頭痛の頻度を減少させる お話し

こんにちは  foot院長です

今日は,葉酸(Folate)が片頭痛を和らげるという
アメリカのアンチエイジング学会である
A4Mからのお話し,です.

こんにちは.
こちらのHPのブログの更新が遠のいていました.
申し訳ありません.
こちらも定期的に更新に努めます.で

本日のお題は 「片頭痛」です

片頭痛は,比較的女性に多くみられ,
生理周期に関連のある場合があります.
女性ホルモンの血中濃度が急激に変化する際に
痛くなることが多いようです.

また,男性や,閉経後の女性にも見られます.
ですから,
その原因はホルモンだけではないようです.

生理周期に関連のない場合.
たとえば,
天候,ストレス,食べ物や
本人が気がついていない意外なものが
誘因となっている場合もあります.
その一つが葉酸の代謝異常です,

この片頭痛.実は
心血管疾患脳梗塞,
さらにはうつ病のリスクを高めることが
報告されているのを,ごぞんじですか.

ですから,アンチエイジングの視点からも
片頭痛のある方は放って置かない方が良いのです.

AustraliaのQueensland University of Technology (QUT)
と云う大学のLyn Griffiths教授(写真)の研究チームが
葉もの野菜の”葉酸”を多く摂取すると
片頭痛の頻度が減少することを,今回 Headache という
医学雑誌に報告しています.

同教授はこれまでに,ビタミンB6やB12,葉酸を
サプリメントで補給すると,片頭痛の症状を和らげると
報告してきました.しかし,今回は食材からの
補給が効果があるのか無いのか,と言うことです.

で,結論から言うと,対象人数は多くないものの
食材からの葉酸の補給の多いグループの人たちは
明らかに片頭痛の発症頻度が低下したというのです.

さらに,葉酸代謝に関連するMTHFR
(メチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素
.同時に、
その酵素を作り出すMTHFR遺伝子をさす場合もあります)
の遺伝子変異が葉酸の効果を変化させているとも
報告しています.このMTHFRの変異は
自閉症などの疾患とも関連していることが
知られています.

この結果がすぐに,葉酸強化食材に結びつくのか否かは
今後の研究を要しますが,
いわゆる保険診療で処方される頭痛薬を服用しても
効果の薄い場合には,葉酸強化食材をえらんだり
サプリメントで葉酸を補充するのも良いかもしれません.
ちなみに当院では 800μg/1カプセル(PURE社)
のFolateとVitB12を同時に摂取可能なサプリを
御用意しています.

更に,当クリニックでは
片頭痛が女性に多い事から,おそらくは
鉄欠乏,特に貯蔵鉄欠乏と,それに伴う
(潜在的)鉄欠乏性貧血に関連あるのでは
とも考えています.

実際に
当院で,鉄欠乏性貧血を改善してあげると
ほんとうに酷い片頭痛の方の,頻度および症状が,
著明に改善した症例がたくさんあります.

ひとくちに鉄欠乏と言っても,
保険診療の鉄剤は非ヘム鉄製剤
単にこの鉄剤を投与するだけでは
なかなか貧血は改善しません.
鉄欠乏性貧血を改善させるのはなかなか大変です.
単にヘム鉄を投与するだけではなく
様々な工夫をこらす必要があるのです.
が,それはそれで,また別の機会に...,

とにかく,潜在的な鉄欠乏を改善してあげると
症状が著明に改善します.
それは,頭痛ばかりでなく,
冷え性や肩こり,むくみ,吹き出物といった
女性特有の症状と全て関連があるのです.

ひょっとするとフェリチンは
メチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素の代謝と
何か関連があるのだろうか
調べてみます...

このように,ヘム鉄や葉酸を投与しても,
効果が見られない場合は胃腸の消化吸収力も
考えなければいけません.
その他,EPOの産生量
などなど.
あれこれ,
単に鉄剤出すだけぢゃぁ,だめなんです.

頭痛があると,何もできなくなり,
経済的にも大きな損失ですよね.

もし,頭痛が酷くて,
お近くのお医者さんを受診しても,

  「頭部はCTやMRIを撮影したけど異常なし」 

と言われて,帰された方.

  「お薬出しておきます」

と,お薬もらって飲んではみたものの,
全く効果の薄い方.

保険診療では症状の改善にご不満のある方,
是非

堂島ライフケアクリニック 

にご相談下さい.
お役に立てると思います.

                  foot院長 拝

06-6454-4871 WEBカウンセリング お問い合わせ
一番上に戻る