温熱療法

温熱療法とは

お体の深部を効果的に温めてがん細胞を攻撃

温熱療法とは、専用機器を使用して、お体を深部から温めることで、痛みや副作用がない状態でがんの治療・予防や再発防止を行う療法です。がん細胞は熱に弱く、約41.5~44℃で死滅するとされています。入浴やサウナなどの方法で、お体の深部を効果的に温めることは難しいのですが、温熱療法で用いる機器であればそれが可能です。熱によってがん細胞にのみダメージを与えるほか、血液循環の改善期待できるので、体内臓器の機能を活発化させることで、治療効果を高めます。

大阪・西梅田の堂島ライフケアクリニックでは、「マイクロウェーブ」や「Indiva(インディバ)」などの機器を用いて、がん治療・予防のほか、免疫機能の向上や、痛みの緩和などをはかります。

温熱療法の特徴

  • 正常な細胞に影響をおよぼさずに、がん細胞のみにダメージを与える
  • がん細胞の増殖を抑制することが可能
  • 患者様のお体への負担が少ない
  • 痛みや副作用がないので、継続して治療が受けられる
  • がんの治療だけでなく、手術後の再発予防にも効果的
  • 血液循環を改善させ、体内臓器の機能を活発化させることで、治療効果を高められる
  • 免疫機能の向上や、痛みの緩和などがはかれる
  • 治療にかかる費用が抑えられる

など

温熱療法の種類

マイクロウェーブ

がん細胞は、温度が約41.5~44℃になると死滅するとされていますが、マイクロウェーブではこの原理を利用して、患部にマイクロ波を照射することで、腫瘍部分を効率良く加熱して、がん細胞だけを死滅させます。正常な細胞には影響をおよぼさず、がん細胞だけを加温して死滅させます。

痛みや副作用がなく、「抗がん剤」「放射性治療」「外科治療」などの標準治療を受けることなく、がんの進行を抑制することが可能だったり、短期間でがん治療が受けられたりするなど、様々なメリットがあります。

Indiva(インディバ)

Indiva(インディバ)とは、スペインの物理学者ホセ・カルベット氏によって開発された高周波温熱機器です。通常の温熱療法と違い、効率良くお体の深部を加温することができるため、内臓がんや転移巣などの深部にある病巣に対しても、高い効果が期待できます。

Indivaによる深部加温は、治療後も数時間程度保たれて、体質改善や健康促進など、様々な効果を引き出します。

06-6454-4871 WEBカウンセリング お問い合わせ
一番上に戻る