クリニックBLOG

2016年5月 5日 木曜日

【寄 稿】インナークレンジングを体験してきました ~1日目~



こんにちは.  foot院長です



これまでに
3回にわたり,

クリニックブログで腸内洗浄について書いてみました.
 
さらに,FBのほうで

腸内洗浄と肝臓フラッシュを組み合わせた

デトックス治療 「インナークレンジング」について,

←その効果や,意味についてかいてみました.

今回は,インナークレンジングを

ある若い男性君に体験してもらい,

その生の声である体験記を,投稿してもらいました.

今回と次回,2回に分けて,

みなさんにシェアしたいと思います.




《インナークレンジング体験記 その1》



初めまして。

佐藤先生に誘われて、

腸内洗浄と肝臓フラッシュ体験しました。

そこで感じたことをありのままに書きますので

少し長いですが,最後まで見てください。




きっかけはある食事の席。

もともとデトックスに興味があった僕はこう尋ねました。

「先生、肝臓フラッシュってどうなんですか?」

「きついよ!修行だね」

「具体的には?」

「このブログ記事見てみて」




そこには今までに見たことのない画像がありました。

※ショッキングな画像がありますので、ご注意ください

http://www.dojimalife.com/blog/2014/11/-fasting200cc830pm30200cc900pm1100pm-100-1027483.html

でも、それが僕の興味を一層惹くことになり、

肝臓洗浄をすれば、体の中の毒素が排出されて、

健康体にな る!そう思ったのです。

気づけば僕は

「是非受けさせてください!」

と言っていました。




まず腸内洗浄や肝臓フラッシュって何!?

って思われた方へ。

要するにこれはデトックスです。

体内にある老廃物を肝臓や腸を通して体外へ

排出することです
老廃物が体の中にあ ると、

しまいにはいろんな悪さをするのです。




例えば,吹き出物の原因になったり、

めまいや動悸とか、


精神的に優れなかったり、

全部体の不調の原因と なるんです。



食べ物って放って置いたら腐りますよね?

体の中も同じで、老廃物が体の中に滞留していると

段々だんだん腐ってくるんです。

それを除去しましょうっていうのが、

この腸内洗浄と肝臓フラッシュの目的ですね!

初めに結論を言いますと、結構キツイですが

意外と体はスッキリします。

3月某日...

早速予約して診察を受けてみました。






第一日目 金曜日午後 

所要時間:3時間前後

・問診および、インナークレンジングの説明

・血圧、脈拍、体組成測定

・1回目 腸内洗浄

・夕方よりFASTING開始

・腸内環境改善およびデトックス用サプリメント服用開始

・血液クレンジング






まず先生の説明を受けます。だいたい15分ぐらい。

なぜ人間にとってデトックスが必要なのか、

あなたの体はどういう傾向があって

何が過剰で何が不足してい るのかなどを

丁寧に教えてくれます。

良いなと思ったのは、

ネットに落ちているような疑わしい情報ではなく、

医学でずっと勉強されている先生 からの言葉なので、

全然違います。




僕は結構、慢性的な疲労を感じやすかったので、

原因を聞いてみました。

すると低血糖が原因である可能性が高いとのことです。

少々難しくて理解するにはまだまだ程遠かったのですが、

とにかくそれを改善する方法はあると。先生曰く、

予防が一番大切で、重症な病気になる前にしっかりと

体質の改善をしないといけないそうです。




今回のプログラムで

腸内環境や肝臓の解毒能を一端リセットして、

病気にならない,老化しにくい体を作っていきましょう,

とニコッとして笑顔を頂き,安心しました。




今回の目的である肝臓フラッシュをするためには、

腸内洗浄が必須です。

なぜなら、肝臓が絞り出したものが

腸を通って排出されるからとのこと。

もし便がたくさん残っていて

腸の排泄機能が低下していると

腸内の滞留時間が長くなり,

排泄された毒素が再吸収されたり

吐き気がつよくなって,

非常に苦しい思いをするそうです.

そのために,

腸内にたまっているものを綺麗に出しておきます.




改めて思うと、腸内洗浄ってどういうものなのか、

全く想像がつきませんでした。

よくあるような浣腸器を使って、

水や下剤をどかどか入れて、

下痢にするものかと思っていました。

先生曰く、

腸の運動を促して排出するとのこと。

腸が自ら便を排出するように促すのが腸内洗浄で、

人によっては痛いって言ったり、

気持ちいいって言ったり

様々だそうです。




僕はどっちになるのかわかりませんが、

痛さに対する不安とデトックスへの期待を胸に、

治療へと臨みまし た。

案内された場所は個室で、看護師の方に

これに着替えてください と言われ,

穴あきパンツとガウンのよ うなものをわたされました.

横に目をやると緑の大きな機械が,

「ドーンっ」 と構えていました。

はやくも視線はやや遠くを,みつめていました.




台へ横になり、いざ腸内洗浄スタート。

仰向けになり、膝を立てるとニュルッと異物感が...。

いてぇ・・・。

腹の中に異物感を感じ、

「果たして大丈夫か? 自分,

このままいけるか? 自分.

そう感じながら治療が始まって しまいました。





治療は合計40分間。3パターンに分かれていて、

1つは腸内へ管を通して水を流し込み、

排出口も機能しているパターン。

2つ目は、お腹のマッサージ。

3つ目は、水を少しだけ流しながら、

排出口を止める方法。

この三つを交互に繰り返していきます。

人間の腸の中には宿便が溜まっていて、

それを剥がす作業がこの治療の目的だそうです。




5分経過...

お腹の中に水を〇リットル入れるので、

まず便意が襲ってきます。

看護師さんには 「我慢してくださいねー」と

優しく言われますが、

どのように我慢すればいいのかわからない僕は

戸惑っていました。 

力を抜けば漏れるし、

力を入れると治療が達成できない

その絶妙な力加減を感覚だけで探します。




20分経過...

便意の波が襲ってきました。

マッサージをされた後に強烈に来る容赦ない便意。

まだ、我慢です。



30分経過...

ついに便意を催してしまい、出した感触が...。

しかし看護師さんは慣れているのか、

「その調子でいいですよー。漏れてしまうのは仕方ありませんから

楽に してくださいね。漏れたことは全然気にしなくてもいいですよ。

もう慣れていますからねぇ」

安心しました。

なんだか背徳感がありましたが、これは治療です。

しっかりと向き合おうと決意。




38分経過...

残り2分になったところで僕はギブアップ。

トイレ へ駆け込みました。

僕の場合は固い便が腸内洗浄の水をせき止めていて、

岩盤を貫くことができなかったみたいですが、

トイレでしっかりと出ました。

おなかすっきり,ぺったんこ.

これで第一段階の準備は整いました。

終わってからはシャワーを浴びて、先生の元へ。

講話を聴き、本日は帰宅。




先生曰く、

腸内洗浄は,洗浄だけでは効果不十分だそうで,

腸内に存在するいわゆる善玉菌と悪玉菌を

共に流してしま うので、術後はビフィズス菌やオリゴ糖,

水溶性食物線維を併用して

腸の環境を整えてやるそうです。

僕は先生からビフィズス菌2週間分と

本日から開始するファスティング用のドリンクを頂きました。

これから24時間以上,何も食べずに過ごします。

ファスティングジュースや水は取っていいそうですが、

何も食べないっていうのは果たしていけるのだろうか,

少し心配です.




********************************************




ということで,

臨場感たっぷりにリポートしていただきましたが


いかがでしたでしょうか.

次のBlogで,


《インナークレンジング体験記 その2》

ご報告致します.

では.




                            foot院長 拝


投稿者 堂島ライフケアクリニック

アクセス



〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地1-3-16京富ビル4F

お問い合わせ 詳しくはこちら